Rainforest Foundation Japanホームへ特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体(RFJ) Amazon Rainforest Foundation Japan

ニュース

南研子講演会(東京)

<南研子 講演会のお知らせ>


フリースクール・ジャパンフレネが中心となり、東京での講演会が開催されます。

以前より当団体代表の南と交流がありましたフリースクール・ジャパンフレネ代表の
木幡さんや長きに渡って支援していただいてる制服向上委員会の方々との
講演会が催されます。

詳しくは以下をご覧ください。


◆南研子講演会

アマゾンからの熱いメッセージ

日時 : 2018年1月20日(土) 開場:13:00から 開演:13:30から

開場 : アカデミー音羽 1階 多目的ホール
東京都文京区大塚5-40-15

・[電車] 東京メトロ有楽町線 「護国寺駅」(出口1)より徒歩2分
・[バス] 都営バス都02、上58系統 「護国寺正門前」より徒歩3分
・[バス] 都営バス都02系統 「護国寺前」より徒歩1分

開場への地図は【こちらへ】 ※開場のサイトへ移ります

共催 : フリースクール ジャパンフレネ
     自然育児&ホームエデュケーションの会 おひさまのおうち
     教育考古学会

参加費 : ファミリー券3000円(1家族何名でも)

定員 : 50

連絡先 : ジャパンフレネ代表 木幡 寛
      090-6132-6353

内容:『アマゾンからの熱いメッセージ』 熱帯雨林の破壊状況と私たちの生活
近年、アマゾン地域の熱帯雨林は減少が増加傾向にあり、2004年は過去最悪だった1994年に次ぐ面積の27,429平方km(四国の面積の約1.5倍/東京都の約12倍)の森林が破壊されました。(INPE調べ)この破壊は拡大しており、このままではアマゾンは数十年で消失してしまいます。
CO2増加の大きな原因は先進国の排気ガスなどのエネルギー消費が主ですが、ブラジルの二酸化炭素排出量の75%は森林伐採後の森焼きから発生したものと言われています。(2009年現在)その上、伐採された樹木も最終的に木材や紙の形で燃やされ、土壌中の有機物もCO2を発生するようになります。 (熱帯雨林保護団体HPより)
このような状況の中、1989年に設立されたNGO『熱帯雨林保護団体』の代表南研子さんは30回以上アマゾンを訪問。長期間、現地先住民と共に暮らし、熱帯雨林の支援活動を続けています。アマゾンからの熱いメッセージ(明るく・楽しく・わかりやすく)を聴きし、熱帯雨林と環境問題を考えていきましょう。

第一部: 講演 『アマゾンからの熱いメッセージ』 南研子(熱帯森林保護団体 代表)
第二部: 制服向上委員会の歌とメッセージ
第三部: 南研子さんと共にディスカッション"環境をテーマに"

講演の合間に、1992年以来、脱原発・環境問題などを訴え続けているアイドルグループ
「制服向上委員会」の歌もお楽しみください。

制服向上委員会オフィシャルサイト 【こちらへ】 ※サイトへ移ります